ベビー 赤ちゃん 新生児 おもちゃ 出産祝い ギフト ミキハウス mikihouse プルトーイ【箱入】 ベビー キッズ 赤ちゃん 子供 こども おもちゃ 木製 ギフト お祝い プレゼント

ベビー 赤ちゃん 新生児 おもちゃ 出産祝い ギフト ミキハウス mikihouse プルトーイ【箱入】 ベビー キッズ 赤ちゃん 子供 こども おもちゃ 木製 ギフト お祝い プレゼント

3850円

ベビー 赤ちゃん 新生児 おもちゃ 出産祝い ギフト ミキハウス mikihouse プルトーイ【箱入】 ベビー キッズ 赤ちゃん 子供 こども おもちゃ 木製 ギフト お祝い プレゼント

ベビー 赤ちゃん 新生児 おもちゃ 出産祝い ギフト ミキハウス mikihouse プルトーイ【箱入】 ベビー キッズ 赤ちゃん 子供 こども おもちゃ 木製 ギフト お祝い プレゼント:当店では2000以上のモデルを取り揃えておりますので、モデルではなくメーカーにご来店の際は、ご遠慮なくお電話ください。喜んでチェックさせていただきます! 孫の一歳誕生日に送りました、とても喜んで遊んでいるそうです。集合住宅で使うには音がして不向きなので気を付けたほうが良いです。84%以上節約,【激安大特価!】,【★大感謝セール】ベビー 赤ちゃん 新生児 おもちゃ 出産祝い ギフト ミキハウス mikihouse プルトーイ【箱入】 ベビー キッズ 赤ちゃん 子供 こども おもちゃ 木製 ギフト お祝い プレゼント

パーソナルツール

パーソナルツール










※リニューアルに伴い、2019年4月10日(水曜日)~
ラッピング方法、キャンセル、返品等のサービス内容が変更になっております。
ご利用ガイドを再度ご確認の上ご注文をお願いいたします。
【ご利用ガイド】から
※商品の質感・色は、お客様のご使用のモニターやブラウザなどの環境により、実物と異なる場合がございますので予めご了承ください。

ラッピングについて

商品説明

引っ張って遊ぶ木のおもちゃプルトーイです。

・優しい木の質感とカラーリングで飽きの来ないおもちゃの定番です。
・パーツを組み替えたり、はめ込んだり、パズルとして遊んだり、知育遊びが出来る多機能なおもちゃ。
・握って、つかんで、転がして、木の質感と音を楽しみましょう。
・木と木がぶつかる優しい音、木ならではの柔らかな質感は、お子様に良質の刺激を与えてくれます。

CE(ヨーロッパの玩具安全基準EN71)

仕様
  • 対象年齢18ヶ月~
取り扱い方法

・水などにぬらさないようにしてください。天然木の特性上、変形や変質の原因となります。
・お手入れの際は、固くしぼった布で軽く拭き取り、日陰干ししてください。熱湯による煮沸及び薬品による消毒は塗料の溶解の原因になりますので、お避けください。
・保管の際は高温、多湿、直射日光の当たる場所はお避けください。
・危険ですので、本品を投げたり、振り回したり乱暴な遊びをしないでください。

※弊社ではお客様によりよい商品をお届けするために、常に製品の研究、品質改良を行っております。
そのためお買い上げの時期によっては、商品の仕様が異なる場合がございます。
また、商品は予告なしに変更される場合もございますのでご了承ください。

※安全にお使いいただくために箱裏面の注意事項をご確認いただき、参照できるように大切に保管してください。

サイズについて

おもちゃ本体:W45×H11.5×D8.2cm(タイヤ込み)

素材

ブナ材(木地部)・ラバーウッド材(カラー塗装部)・コットン(ひも)
(塗料:EN71の基準に適合した塗料)

生産国

ベトナム



検索ワード:プレゼント ギフト

文学部時間に生きる

日本学術会議会員任命問題について

日本学術会議会員任命問題について

日本学術会議会員任命問題に関する国立八大学文学部長会議からの要望について

大学院人文学研究科 紹介動画

大学院人文学研究科 紹介動画

2022年4月に大学院文学研究科と大学院言語文化研究科の統合によって、大学院人文学研究科が発足します。

オープンキャンパス特設サイト

オープンキャンパス特設サイト

2021年度の文学部オープンキャンパス特設サイトのコンテンツも充実しています。

グローバル・ジャパン・スタディーズ

グローバル・ジャパン・スタディーズ

ベビー 赤ちゃん 新生児 おもちゃ 出産祝い ギフト ミキハウス mikihouse プルトーイ【箱入】 ベビー キッズ 赤ちゃん 子供 こども おもちゃ 木製 ギフト お祝い プレゼント

本学所蔵の重要文化財・野中古墳出土品について、発掘調査当時の映像をまじえて紹介しています。

文学部教員インタビュー

文学部教員インタビュー

岡田禎之

おかだ・さだゆき

教授

《英米文学・英語学 専修》